ちたけそばって何?

ちたけそばって何?ご存知ですか?私は知りませんでした。

なんでも栃木県民なら誰でも知っている料理で、秋の味覚だとされているそうです。

全く想像がつきません。そもそもちたけとは何なのでしょうか。

ちたけとは漢字では乳茸と書くキノコの一種です。

ぽそぽそとした食感が特徴的で、地域によっては見向きもされない場合もあるそうですが、

栃木に置いては絶大な人気を誇っているのだそうです。

なんと毎年ちたけ目当てに山林に入り遭難または死傷する人々が後を絶たないのだとか。

栃木県においてちたけは少なくとも江戸時代には既に食べられていたようです。

ちたけそばとはよく煮込まれたちたけがのったそばのことなのですね。

ちたけはキノコなので良いダシもでており、香りもよくクセになる美味しさです。

ぽそぽそとした不思議な食感もやみつきになるのが分かります。

ちなみにちたけの他に煮られた茄子が添えられるのが一般的ですが、茄子の柔らかさでちたけの食感がさらにひきたちます。

特に良いのは香りですね。食感は正直好みが分かれるでしょう。

しかしこのちたけの香りを知らない他県民は損をしていると言っても過言ではない気がします。