石狩鍋の作り方

石狩鍋とは北海道の郷土料理です。

鮭をメインとし、野菜などと一緒に味噌で調味します。

ちなみに石狩鍋という名前の由来は、メインの食材である鮭が産卵のために遡上する川である石狩川にちなむと言われています。

農林水産省主催で選定された郷土料理百選においても北海道を代表する郷土料理として石狩鍋は選ばれています。

入れる材料は家庭によっても違いますが、スタンダードなものは味噌を始めとした調味料の他に、

鮭の身をぶつ切りにしたものと中骨などのあら、キャベツや玉ねぎなどの甘みを引き出す野菜、豆腐やつきこんにゃく、

鮭の臭みや味噌独特の臭さを抑えるために山椒を入れると言います。

地域によってはあらを加えるのはなかなか難しいかもしれませんね。

ちなみに鮭の味付けは各家庭によって違うそうです。

甘口も辛口もあるそうで、甘口の塩鮭を一度グリルで焼いてから入れても美味しいようです。

酒粕を加えることも多いようですが、これは簡単に牛乳で代用することもできます。

牛乳ならばどこでも簡単に手に入りますし、コクと甘みを簡単に出すことができます。