津軽地方のじゃっぱ汁について

じゃっぱ汁とは、青森県は津軽地方の郷土料理のことです。

独特の響きの名前が印象的ですが、この「じゃっぱ」とは津軽弁なのだそうで、

魚を三枚におろした後に残る頭や内臓、骨などを総称する言葉として使われているといいます。

標準語では粗に対応しますが、粗は広い部分を指すことばなので厳密に言えば違うと言えるでしょう。

じゃっぱ汁とは、ぶつ切りにしたじゃっぱが具となった汁物のことで、他に野菜などを加えて塩や味噌で仕立てます。

使われる魚は青森の冬を代表するタラまたは鮭が一般的で、味付けは塩仕立てのことが多いそうです。

標準語風に言えば粗汁といったところでしょうか。

入っているのが魚の身だけではないためとてもコクのある出汁がとれることが特徴で、地元では人気の郷土料理のひとつです。

味の美味しさだけでなく、栄養価が高いことや青森の寒い冬に体を温めてくれる料理だということから

家庭でも作られる定番料理となっています。

ちなみに入れる具については各家庭でオリジナリティがあり、飲食店で出されるそれとはまた一風違う味わいであることも多いそうです。