盛岡で冷麺が食べられる理由とは

岩手県の盛岡市で冷麺といえば、その名もずばり盛岡冷麺が有名ですね。

盛岡の三大麺の一つだと評されています。

辛みのあることが特徴の冷麺です。

特徴的な強いコシは押し出し麺という独特の製法により生み出されるもので、押し出し麺は盛岡冷麺には不可欠だとされています。

ちなみにそもそも盛岡で冷麺が食べられる理由とは何なのでしょう。

その歴史は昭和29年まで遡ります。

当時盛岡で在日朝鮮人一世の男が食事処をオープンし、そこで提供したのが始まりだとされます。

彼はプロの料理人ではありませんでしたが、自らが幼いころに食べた故郷の冷麺を再現しようとして完成した品だったそうです。

ちなみに彼の故郷の冷麺はスープがないものが有名でしたが、スープつきのものもまた存在したようで、

彼はスープつきのほうが好きだったため自分の店でもスープつきで提供しました。

当時はそのコシの強さやまだ一般的でなかったキムチが受け入れられなかったものの、

やがて若者たちの間でそのユニークさが評判となって繁盛して根付き、盛岡冷麺の基本形となったと言われているそうです。