しょっつる鍋とは

しょっつる鍋とはしょっつるを使った鍋のことです。しょっつるとは魚醤のひとつで、日本三大魚醤のひとつともされています。ちなみに魚醤とは魚類や魚介類を原料にした液状の調味料で、魚醤油、塩魚汁と呼ばれることもあります。塩魚汁はしょっつると読むのです。しょっつるは江戸時代の初期から親しまれていました。しかし魚をいわば熟成させた調味料であるため、臭いも味も一種独特なものです。塩という漢字が入っていることからも想像できるとおり塩の強い味もします。そのため好き嫌いははっきり分かれるかもしれませんね。ちなみに秋田県においてはハタハタを入れたしょっつる鍋が有名です。ハタハタとは秋田県の県魚でもある深海魚で、煮魚にも焼き魚にも、干物にも、様々なものに加工されます。しょっつる自体もこのハタハタから作られるのです。ハタハタの他には長ネギや白菜、豆腐、糸こんにゃくなどが入れられます。魚は必ずしもハタハタでないといけないというわけではなく、白身魚であれば割と何でも美味しく食べることができます。しょっつるを入手することが難しい地域では、簡易的に醤油で作られることもあるようです。